infoseekの思いで

初めてウェブサイトを作ったのがinfoseekのサーバーでした。
当時は解析が3日間保存できてなかなかの高機能でcgiも使えたので画像掲示板をおいていた。そこそこいろんな人が投稿してくれて1日80人程度のアクセスしかなかったけど作る楽しさがあった。

でも楽天が運営に乗り出してしばらくしてから、鬱陶しいバナー広告が増え、タレントの宣伝バナー(覚えてるのは小池栄子のバナー)、そして凄まじいスパムメールが来るようになって、こりゃたまらんとLYCOSに逃げたら、そこも楽天に合併されてしまい、最後は別の所に逃げた思い出。

そんなinfoseekも2010年10月31日をもって無料サービスをやめてしまったそうな。

http://isweb.www.infoseek.co.jp/info/information.html

そんなinfoseekの貴重なデータが有志によってサルベージされてまとめられているそうな。

infoseekサルベージサイトまとめ @ ウィキ
http://www36.atwiki.jp/infoseeksalvage/

以前にもこのブログで書いたことがあるんだが、自分はネット上にキャッシュを残しておきたくなかったのでアメリカのウェブアーカイブに依頼をしてinfoseekで開設して勝手にキャッシュされたデータを全部キャッシュも消してもらったのでもうデータは残っていない。。

シェアする