腕時計の電池を交換したぞ

IMG_0027

腕時計を付けて朝出かけようとしたら、腕時計の電池が切れていた。そこで、新しく電池を交換することになったのだが、


とりあえず時計は必要なので、激しく手を動かしてブツケたりしてもいい専用の100円ショップの腕時計を付けてとりあえず出かける。
IMG_0028

そして、電池の交換をしに時計屋に行こうと思ったのだが、丸井だと1000円(4年前ぐらいはこれくらいだった)、ダイエーだと640円(去年はこれだけした)、どちらも500円以上はかかるので、ふと思い、自分でやりゃいいんじゃないの?とおもい、激安で済ますために、ダイソーの電池売場へと足を運んだら、ありました、腕時計専用ボタン電池SR621SW。

IMG_0003
IMG_0004

よし、これで電池交換できるぞとおもったが、腕時計の電池蓋ってどうやって開けたらいいんだ、マイナスドライバーじゃ太いから無理じゃん。じゃあ、カッターナイフは・・刃が折れるな・・・・・などと考えつつ店内をうろついてたらこれまた偶然見つけた、

腕時計用 電池交換工具 (K-11-4/B-026)
BATTERY EXCHANGE TOOL FOR WRISTWATCH
Watch remplacement de la batterie outils
IMG_0005
IMG_0009

210円商品だけど、とりあえず買ってみた。パッケージには「注意:技術を必要とします」とあるが、ちょっとだけ不安を抱えつつ電池ともども購入してさっそく電池交換へ。

IMG_0013
IMG_0014

うん、あっさりとあいた。苦労せずあいた。いや、電池蓋を開けるときに気力入れ過ぎると手を切りそうな感じはある。気を付けよう。

で、さっそく電池交換。
IMG_0016
IMG_0021
IMG_0022

はい、ちゃんとうまく電池交換終了して時計動きました。電池交換にかかった金額315円。安い。安物買いの銭失いにならなくてよかった。

そういえば電池交換と関係ないけど、この時計、CITIZEN VAGA 6A85 という機種なのですが、ずーっと前にこの時計の日付を修正するために外して、高崎線の電車の中で座って修正していたら、ボックス席の前に座っていた女子高生2人組に突然「なにこの時計カワイイ」って言われて驚いたことがあった。向こうも友達と居たために気が緩んでたのか、思わず言ってしまっらたしく、ハっとおもったのか、そのまま気まずい雰囲気になるだろうと思ったが、もう一人の子がその子に助け船を出してきて、なぜか鴻巣駅に着くまでの数分間なぜか腕時計談義をしてしまった。
この記事書いてて今思い出した。

シェアする