偽装URL(おまんちん)への対処法

初公開時日時:2012年9月21日

いわゆる、おまんちんとかそういうIPぶっこ抜きから防衛してみよう?っていう記事です。

たとえば、どこかの掲示板とか、まとめブログでそのリンクが貼ってあったとして、自分のブラウザなどが画像をサムネイルで強制的に読み込む設定にしていた時に読み込んでしまい、すごく嫌な気持ちになるのを避けるためにはどうしたらいいかということです。

この記事を更新している2017年02月07日現在では、下記のサイトでおちんまんを作成できるようです。作成方法はその作成サイトに書かれいますので、それを参考にすればいいと思います。

どのサイトもやってることは同じで、アクセスした時間、リンク元、ふんじゃった人のIPアドレス、リモートホスト、どんなブラウザを使って踏んだかが晒されます。

踏んでしまったからと言って、恐れることもないとは思いますが、職場で2ちゃん見てたりエロサイトを(実はそこそこあるらしい?)こっそりネットサーフィンしてて踏んじゃった人は・・・

これまでに私が確認できたサイトは下記のサイトです

Img2ENV
http://uploader.s602.xrea.com/

踏んでしまうと、アクセス時刻、リモートホスト、IPアドレス、ユーザエージェント、参照元、上記任意で作成されたファイル名が暴露されます。

うらちんちん
http://ura22.sakura.ne.jp/image/

踏んでしまうと、アクセス時刻、リモートホスト、IPアドレス、ユーザエージェント、参照元、上記任意で作成されたファイル名が暴露されます。
メリーさんのコマドリというサイトの1コンテンツのようです。

鬼女的おまんちんもどき
(OmanchinModoki Room of Blue Rose)
http://venusman.byethost31.com/

踏んでしまうと、アクセス時刻、リモートホスト、IPアドレス、ユーザエージェント、参照元、上記任意で作成されたファイル名が暴露されます。

GURU
http://gu-ru.net/

踏んでしまうと、アクセス時刻、リモートホスト、IPアドレス、ユーザエージェント、参照元、上記任意で作成されたファイル名が暴露されます。

 このようなサイトを踏んでしまった場合、どうしたいいのか?ってことなんですけど、踏んだものは消えませんのであきらめるしかありません。しかい、今後、なるべく踏まないように防衛することはできるかもしれません。

 対処法としては、

目的別:見たくないサイトをブロックできるChrome拡張機能5選
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1304/23/news012.html

などで、防ぐことができる可能性があると思います。

 ほかに、有料ではルーターのiフィルターなどの設定でやればいいと思います。

掲示板専用ブラウザ(かちゅーしゃなどの類)ならURLの単語をNGワードに追加して画像を読み込ませないなどの対策しかないのではと思います。

 私の場合は、ESETでブロックをしています。

セキュリティーソフトESETでの防御方法について。

ESETでの手順を書くと、

[設定] – [インターネット保護]

[Webアクセス保護]

[URLアドレス管理] - [アドレスリスト 編集]

詳細設定の画面、追加ボタンを押して、アドレスリストのタイプの項目で[ブロック]を選択し、任意でリスト名と、リストの説明を記入。

追加ボタン押して、マスクの追加でブロックしたいURLを記入。サイト全体をブロックしたいときは、
*http://○○○○○○.○○/*
と、ドメインの頭を**とアスタリスクで囲む。

で見ながらやればできると思います。

実行結果:

他にこういうのもあります
IPLOGGER.ORG
“IPLOGGER.ORGは -訪問者のIPアドレス、あなたのブログの統計情報の収集、他のブログ、コメントやディスカッションフォーラムの件名で投稿、ユーザープロファイル、またはあなたの任意のWebサイトのログ記録と解決のための簡単で便利なサービスです。”

このページではパソコンwindows系のOSでの対処法について書いていきましたが、携帯端末の場合は、adblock系のアプリで各種設定ができると思います。

Advertisment ad adsense adlogger