【中華スマホ】Ulefone Gemini 簡単レビュー

まえがき

今まであったスマートフォン、Huawei Ascend P7が、いまいち動きが悪いので、買い換えることにしました。
Huawei Ascend P7を下取りに出したら、9,800円の高額買取だったのでちょっとびっくり・・・。

中華スマホは2年使ってみて、そんなに悪くないと感じていたので、今回もスマホは日本製ではなく中華スマホで行こうと前々から決めていました。

どうせ買うなら、RAMが3か4GBはほしいと思っていたので、そのラインから値段も手頃で買えそうなのを探していきます。

今回、最終候補に残ったのは、

そして、今回購入するに至った このスマホ

です。これのブラックを購入しました。

決め手となったのは、バックカメラがピクセル5,13MPデュアルカメラであるという事が大きかったです。
私が購入したときは、18,500円でしたので、今値段を見たらこの書いているときは、20,500 円と、色違いなら15,880円ですので、販売店によって差が出ていますね。

注文はアマゾンですが、ここ最近の報道で、ヤマトから中小の宅配業者に宅配サービスが変更されてトラブルが増えているという報道がありましたので、確実性をとるために、ファミリーマートでの受け取りを選択しました。
ファミリーマートだったらヤマト運輸で配送されるらしいです。(不確定)

さて本題。

アマゾンの箱を開封し商品を取り出します。

商品の入ってる袋は中国の袋なので取り出す時は慎重に。。。

外箱はこんな感じです。

外箱の大きさは、縦17.5mm 横9.5mm 高さ4.8mm程度です。

さて、箱から商品を取り出します。

まず説明書ですが、日本語はありません。
英語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語、フランス語、ロシア語で書かれていますが、英語が有るのである程度わかると思います。
わかんなかったらgoogle翻訳アプリでカメラで英文を写して訳してしまいましょうか。?

これは携帯ホルダー。
アルミ製なのか、硬質プラスティックなのか判断がつきません。多分硬質プラスティックだと思うのですが。。

重さは8グラムです。

これはUSB電源アダプター。
出力がDC5V 1.5Aとなっております。

大きさは、7x4(cm)程度です。

重さは30gほど。

マイクロUSBケーブルは、まあそこら辺にあるのと一緒です。

このスマホには、最初から画面に保護シートが貼ってありますが、スペアが予め用意されていました。

TPUケースも予め用意されており、コレで満足するならケースを買う必要はないですね。
TPUは、ゴムのようなしなやかな弾力性と硬質プラスチックのような強靭さを合わせ持つ高分子化合物です。

重さは19g。やわらかいです。
私はこのタイプが嫌いなので、新しく買いました。次のリンク先に新しく記事書きました。
Ulefone Geminiのハードケースの購入方法

さて、本体です。説明書には185gとありますが、microsimとmicrosdカードを足すと重さは189gあります。
5.5インチなので少し重く感じるかもしれません。
そこは個人差でしょうか。

大きさは、約15.5 x7.8 x0.9(cm)あります。

スマホ全姿

スマートフォンの色ですが、黒を購入したのですが、実際は黒というより暗い紫色に近いと思います。
目測になりますが、この色に近いです
■■■
photoshopで色抽出すると■■■

では、改めてこのスマートフォンのスペックを見ていきましょう。

基本情報

ブランド:Ulefone
型番:Gemini
商品サイズ:H 154.5mm ,W 7.8 , T0.9センチメートル
製品重量:約185グラム
SIMカード数量:デュアルSIMカード、デュアルスタンバイ
SIMカードタイプ:1 *マイクロカード+ 1 *ナノ/ TFカード
カラー:今回購入したのは黒
ボディ素材:プラスチック(と、アマゾンには書いてあったが、他のサイトだとアルミともある)
イヤホンポート:3.5ミリメートル
OS: Android 6.0 マシュマロ(7.0への予定がある、あくまで予定)
CPU: MTK6737T, クアッドコア
ROM: 32GB
RAM: 3GB
拡張ストレージ: 最大256GBのmicroSDをサポート

スクリーン: 5.5インチ
解像度:FHD 1280 x 1080P
タイプ: ゴリラガラス3静電容量式タッチスクリーン

カメラ
インカメラ: 5.0 Mp(interpolation to 8.0MP)
メインカメラ: 13.0 Mp(interpolation to 16.0MP)
ƒ/2.0 large aperture
Auto-HDR
Manual Control

バッテリー脱着不可。
SONY 3250mAh Li-Polymer Batter

Quick Charge ある
Standby Time 320 時間

応答速度 0.15s
認識角度 360°
センサー 静電容量式タッチセンサー
Memory 5 fingerprints

OTG:ある
GPS:ある
センサー:Gyro Sensor, Gravity Sensor, Touch Sensor

Hi-Fi
802.11a/b/g/n 2.4G/5G
Bluetooth:Bluetooth® 4.0

Positioning(位置情報取得)
GPS(アメリカ)
GLONASS(ロシア)
Digital compass

対応言語
リトアニア語、ハンガリー語、オランダ語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、スロバキア語、フィンランド語、スウェーデン語、ベトナム語、ポルトガル語、スペイン語、スペイン語、 ウルドゥー語、ウルドゥー語、アラビア語、ペルシア語、ヒンディー語、ベンガル語、タイ語、韓国語、ビルマ語、日本語、簡体字中国語

対応バンド
4G: FDD-LTE 800 / 900 / 1800 / 2100 / 2600 (band 20, band8, band 3, band 1, band 7)
3G: WCDMA: 900 / 2100 (band 8, band 1)
2G: GSM 850 / 900 / 1800 / 1900 (band 5, band 8, band 3, band 2

購入時には、バンドに注意ですね。auは無理そうです。

さて、早速使っていきます。
まず、画面のシートを剥がして、、、スマホカバーを装着して、、

電池残量がゼロなので、まずは充電。
20分で5%が充電されました。

そして電源をON!

日本語にセットして、

まずは、simセットアップを後回しにして、wifi設定をしました。

そのあと、googleのセッティングをして、そして必要なアプリを入れて、、、、最後に

SIMカードをセットして、

あ、そうそう、SIMカードはMicrosimt対応です。私はDMMモバイルのsimを利用しています。
simセッティングしたら、テスト通話「111」にダイアルして確認します。

無事に通話、データ通信ができました。

完成です。

電源出力などはこんな感じです。

使ってみた感想ですが、重さは問題ないと思います。
電波のつかみ具合も、問題はないです。
GPSのつかみですが、悪くなかったです。たまーにビルの通りで途切れてる?
Bluethoothについては、電車の混雑時に途切れてしまうことがありました。これはBluetooth 4.0だから?

写真ですが、こんな感じで撮影できました。

ノーマル撮影

美容モード

ボケモード

・・・・もう少し大きい対象物で撮影したのも有るので

ノーマル撮影

美容モード

ボケモード

パノラマ

動画はこんな感じで撮影出来ました。
(走行しながらなのでブレブレですが)

写真、動画ともに撮影した印象は、感動的な写真が撮れるということはなく、ごくごく標準的なものが撮影できるという感想を持ちました。
とはいえ、数世代前のカメラ機能よりは良いと思いますが。
カメラをより高機能重視を求めるなら、数ランク上の値段の他のスマホ(iPhoneなど)を買ったほうが良いです。

次にスマートフォンの画質を簡単に見ていきたいと思います。
画質は良いほうだと思います。きれいに表示されました。

より詳しいせいにを知りたいなら、製品のサイトに動画が上がっているので見てみたら良いと思います。
http://ulefone.com/products/gemini/video.html

動画についても、特にカクつくことなく、480pできれいに再生できました。画質がいいです。

ゲームについてですが、ポケモンGOは余裕で動きました。

マンガの閲覧はどうだろうか・・・・

写真が青が買ってるけど、これはカメラのせいです。
文字もつぶれておらず、画面も5.5インチ有るので、読み込んだ画像はヌルサクで読みやすかったです。

総評

値段の割には高スペックで良いかものが買えたと思っています。日本メーカーで同じスペックを求めたら結構な値段がするはずです。
2万円以下で探してる人がいるなら、このスマホは検討の余地があると思いました。

参考までに、海外サイトの総評もあるので、そちらも読んでみると良いかもしれません。

Ulefone Gemini Review

シェアする