辞書はやはり手元にあったほうがいいという結論

最近は周りの人も結構な確率でスマホへと交換してる人が多くなってきた。

サイボウズライブや、DMなどは、電子メールでのやり取りも頻繁になってきていて、紙媒体が重要な文章や連絡以外では使われなくなってきてるなーって感じています。

パソコンやスマホで文章を打つと漢字変換が楽に出てくるので、最近は時々、これなんて読むんだ?っていう読めない漢字なんかも出てきて困ることがあります。文字を打ってる人はその漢字かけるの?って言いたくなるような事もたまーに・・・・

漢字が読めない、書けない、そんな時どうするか?

Googleアプリなら、常用漢字筆順辞典 FREE

というアプリがあって、これはこれでとても便利だと思うのですが、自宅にいるときには、自分としては、ガッツリ漢字辞書で部首から漢字を引いて調べたいなあって改めて思いました。

ところが、イザ使ってみようと思ったら我が家には漢和辞書がない。いや、あったはずだが、探してみたがどこにも見当たらない。国語辞書はあった。漢字辞書って買うと安くないのに・・・

しょうがないので、新しく買うことにしました。できれば例文や収録数が多いのがいいな。

そういえば、漢字辞典と、漢和辞典、用途が少し違うようです。
どう違うのかは
ヤフー知恵袋に書かれているのでそれを見ていただければ。

で、選んだのは、これ

漢字源 改訂第五版 単行本(ソフトカバー)

が、3000円台と高い・・・

で、見つけたのがこれ

漢字源 漢字検索用CD-ROM付 単行本 – 2007/10

約10年前に出版された辞書。しかもCD-ROM付き。
だが中古本。値段は、318円。新品最新版の約10分の1の値段。

どちらを選ぶべきか・・・。そもそも最新版と10年前のものでは大きく変わるものだろうか。?
答えが出ないので、ヤフー知恵袋で探してみた。

どうやらそう変わらなさそう。10年ちょっとじゃさすがに変わらないか・・・?
あとは、気持ち的に、中古を受け入れられるかどうか・・・

318円は安いw

というわけで、この中古のほうを購入することにしました。

色々と出品されていましたが、このとき、一番安かったブックオフエコノス店で購入しました。

しっかりと緩衝材で巻かれて普通郵便で送られてきました。
そして送られ来たのを開けて見てびっくり・・・

ほぼ新品じゃないですかー
\(^o^)/

箱は経年劣化は気にならない程度にありますが、前の持ち主が使っていた形跡がない。
販売タグもそのまま、CD-ROMも傷なし、辞書への書き込みも今のところ見られず。
中古本によくあるダニのような小さい虫もいない。

まさかあたりを引くとは・・・

いやぁこれはラッキーだった。

そして使ってみた。

CD-ROMはwindows8でもインストール可能で、動きます。
インストールすると、こんな感じで漢字を探すことになります。

この親字番号 14330を、辞書で探します。

14330番を調べた結果↓

探し方としてはわかりやすいです。
もちろん、従来通り部首や画数で探すこともできます。

いい辞書に出会えました。

Advertisment ad adsense adlogger