(資料)Panasonic RF-U100TV ワンセグラジオ

テレビのワンセグ放送の音声を聞くことができるAM/FMラジオです。表示が大きいので、見やすいです。日本語表記なので迷うことはありませんでした。操作も楽です。

rf-u100tv1

2013年に発売された少し型の古いラジオ。ヤフオクで落札すれば6000円ぐらいで落とせるのではないでしょうか。

rf-u100tv2

正面。
ダイヤル合わせと音量合わせをいつも間違えてしまうので、解りやすくテプラーで貼ってしまいました・・・
ラジオをつけていないときは、時計代わりにもなります。
メニュー操作は時計下のボタンなどで操作します。オンタイマー、オフタイマーも正面で操作します。

rf-u100tv3

右側。
ボリュームと選局ダイヤルがあります。この部分の表示をもっとわかりやすくしてもらえたらよかったのにと思っています。

rf-u100tv4

後ろ。
このラジオの製造はインドネシア製でした。パナソニックは中国製が多い印象だったので、買ったときは意外でした。
電池は単2を4本。100円ショップで売られてるようなスペーサーを使ってエネループを使うか、100均で単2電池4本買ってくるか。100均の場合でしたら、アルカリをお勧めします。マンガンだとあっという間になくなります。

rf-u100tv5

左側。
外部出力(ヘッドフォン)、電源。
電源の位置は下のほうが良かったんじゃないかなあ。好みの差。

rf-u100tv6

上。
電源ボタンと、バンド切り替え、メモリーボタン。
10個もメモリーボタンがあるので、放送局の多い地域ではこのボタンが重宝すると思います。

下。
rf-u100tv7

特に感想なし。

本体寸法/最大外形寸法(JEITA)(約) (幅×高さ×奥行)(mm)=235×137×73/251×138×91と、ラジオとしては大きいほうかもしれません。電池を入れて1200gあります。

さて、受信状態ですが、

ワンセグの場合は、首都圏だとスカイツリーからの送信になります。スカイツリーのおかげで東京タワー時代と比べると格段と受信状態が良くなりましたね。私の場合はスカイツリーから距離30kmほど離れていますが、夕方4時の時点で、ロッドアンテナを立てなくても受信できました。

【動画1】
rf-u100tv9

FM放送の場合だと、J-WAVEや、11月から周波数と送信所の変わるInter-FM89.7MHzは、ロッドアンテナを立てなくてもきれいに聞けております。ただ、ロッドアンテナ立てたほうが良いと思いますが。
ここで注意しないといけないのは、首都圏では12月から始まるとされるFM補完放送。このラジオは残念ながら90MHzまでしか受信できないので、FM補完放送のある地域では、補完放送の周波数が90MHZ以上なので受信不可能なので時代遅れのラジオになってしまいました。

【動画2】
rf-u100tv9b

AM放送ですが、まあ、送信所の距離に関係してくるんですが、文化放送とTBSとNHKは埼玉からの送信ですのでいいですよ。
ニッポン放送だけが雑音(SINPO44444-43433くらい)が入ります。

【動画3】
rf-u100tv9a

音はスピーカーは口径は大きいです。モノラル音声です。ラジオは聞き取ることが大切ですから、聴き取りやすいっていうのはいいですね。コンポのようなステレオちっくなクオリティーの高い音声を期待するとガッカリしますが。

初老程度の人なら操作しやすいラジオです。ダイアル選局っていうのがいいと思います。
高齢者向けとしてみるなら、メモリー登録を利用するときに、手間取るかもしれませんが、そういう時は登録してあげましょうか。

どっしりとしてるので、店舗やオフィスで使ったりするにはもってこいのラジオではないかと思います、
リビングやキッチンで使うにも、倒れにくいのでいいと思います。
目覚まし代わりに使うにも、寝ぼけて枕元に置いてあったときなんか、投げ飛ばしにくいのでいいのでは。
寝ぼけながらの操作もしやすいです。

携帯性については大きいので期待しないほうが良いと思います。

さらに詳しい説明を求めるのでしたら、パナソニックの製品サイトがあるのでそちらで確認してみては?
http://panasonic.jp/radio/p-db/RF-U100TV.html

Advertisment ad adsense adlogger