あとがきな様なもの

はじめに。

今回このサイトを作ってみて改めて感じたことですが、短波放送ってもしかして縮小傾向にあるのかなあと改めて感じました。
 特に日本語放送はアンデスの声が無くなっていたのが残念ですね。他にも当時聞いていた時から言われていたドイチェベレはとっくに日本語放送は終了しているし。でも周辺国からの日本語放送はまだまだ健在なのはうれしい限りでした。あと当時は無かったイランからの日本語放送があるのには少し驚いてせっかくなので受信してみようとラジオのチューニングを合わせてみたところやはり電波受信状態が良くないせいか全く気こことはできませんでしたが。残念。ただ、当時ならばそれで諦めたんでしょうが現在はネット環境が発達してポッドキャスティングで聞けるのがうれしいですね。(わがままをいえばrmは嫌いなのでwmnで配信してほしいところですが。)北朝鮮からの放送は相変わらず健在なのにはちょっと驚きです。当時も大出力で日本に届いていたと思うのですが、今でも中波621kHzで聞けるのはなかなかどうして頑張ってるではありませんか。かなり経済制裁下で大変そうなのに。でも当時と相変わらずぁゃしさはありますが。そういえば当時からこの国に受信報告書を書くのは危険ぽいと感が働き北朝鮮だけは日本語放送の受信報告書を出しませんでしたが今となってはもしかしたらそれは正解だったのかもしれません。あと、当時何通かインドネシアの声にも受信報告書を国際返信切手を入れて提出してみたことが数回ありましたが、結局インドネシアだけはベリカードくれなかったのも思い出しました。

 当時英語放送についてはよく奇麗に遠くからの放送でも受信できたのですが、今考えるとよく遠くのラジオプラハとかラジオタシュケントとか果てはネパール、インドとかからの受信できたなと思います。今はもう全く雑音だらけでだめですね。ラジオプラハは雨の日よりよく受信できたのを思い出します。たしかジャズ番組が流れていたりしてましたね。でも当時未成年で英語もたいしてわかっているわけでもないのに(今も相変わらずだが)よく受信報告書なぞ英文で書いて送れたものだな、そしてそれが合っていたからこそQSLカードを送られてきたんだろうけどあんな怪しい英語で書いて送っていた自分がとても恥ずかしい感じです。送られた局側もまさかこんないい加減な英文書いてるのが未成年だとは思ってもいなかっただろうに。(いや、承知のうえかなw)何を必死になって私は受信報告書を送っていたんだろうかorz。

 英語の聞き取りも不得意なのになんで放送局の住所がわかったのだろうかと今思い返してみると、ラジオの制作をそういえば毎月買っていたなあ。。いまwikiを見て初めて知ったのですがもう廃刊になってたんですね。結構高かったんだよなあ、あの雑誌。みんな周りがヤンジャンとかヤンサンとかかって回し読みしてるのに私は何故かこの雑誌を買っていた。ヤンジャンとかヤンサンとかは回し読みで読ませてもらっていたなあ。ああ、あと、どこで情報を得たのか思いあ背ませんが日本BCL連盟に入会して月刊MyWaveを購読して情報を必死に集めていたなあ。今だったらinternetがあるからいいけど当時は短波放送の情報は皆無でしたから。

 そもそもBCLにのめり込む切っ掛けになったのは部活の仲間が何故かフリマで気に入ったからと言って買ってきて俺たちに見せては自慢していたビデオデッキぐらいの大きさのsonyの短波ラジオを聴かせてもらって凄い欲しくなってしまってギアつき自転車を買うためにためていたお金でSONY-ICF77を購入したことからこのベリカード収集が始まったわけですが。

 いま収納から色々探してみて今回このような形で当時集めていたベリカード類ですが、実はまだ探せばグッツとかはあるはずです。当時例えばイタリアの放送局からは雑誌が結構送られてきていたりVOAからは鉛筆とかバッチなどを頂いたりORFからはネクタイピンが送られてきていた記憶があります。どこいったかなあ、それらは。捨ててないはずだが。。。
 当時私の様な未成年にとてもいいものをいただいて本当に局には感謝であります。
 なお、このウェブサイトは現在はロリポップのサーバーにあげていますが、このサイトを作った当時は別のウェブサーバーを10MBまでしか借りることができませんでしたので画質を思いっきり落とせるところまで落としています。また、当時と違いあべこべになってるところもあるかもしれません。

追記:2017年5月
簡単に少し手直ししました。時間が取れないのでひと月も手直しがかかってしまった。。。もっと手直ししたいけど気力が切れたのでこれで終わり。スマホの普及で短波放送どころか、AMやFMですら世界ではオワコンになりつつ有るようですね。技術は新しくなっていくものなの、でしょうがないですね。ロシアの声が終わるとは思わなかったもんなあ。

写真は廃刊になった月刊MyWave